登山の服装の基礎知識【初心者向け】

Photo byRussell Toris

最近の登山ブームでこれから登山を始めるという初心者の方も非常に多くなってきました。登山のための服装の情報はいろいろあるものの、最初はどうしたらよいか、どうやって服装を選べば良いか、それぞれの服装にはどのような特徴があるのか、といった様々な疑問があると思います。初心者の方は是非この基礎知識を服装選びの参考にしてみてください。

登山初心者は服装に最初からお金をかけすぎない

初心者の登山の服装
Kevin Tao

初心者のみなさんは最初から登山服を全てそろえている人は少ないと思います。また、いきなり北アルプスや富士山に登るのではなく、最初は高尾山など、近郊で交通のアクセスも良く、コースもそこまで厳しいものではない山に登る方が多いのではないかと思います。

その場合は最初から高機能な服装をそろえるのではなく、なるべく速乾性が高く動きやすいような普段着やスポーツウェアで代用することがおすすめです

最初に高いお金を出して買った場合、「登山ブームで初心者ながら一式服装をそろえたが結局あまり登山にいっていない。。。」「よくわからずに買ってはみたものの、オーバースペックだった。」といったことが起こりえます。

初心者の方はいくつかの登山の経験を積む上で、登山を継続的にする見込みがあるか、登山中にどのような体温や気温の変化があり、どのような服装であれば快適で動きやすいか、これは必要だ、これはあったら便利だ、などといった点について理解が深まってくると思いますので、ウェアの選び方もより正確な目で選択できるようになります。

知識と経験をふまえて、より詳しいショップの店員さんと一緒に選びながらアイテムを増やしていくことをおすすめします。

登山の服装の基本は重ね着

天候に応じた登山の服装
Jean-Marie Hullot

山は平地と比較して朝晩と日中の気温の差が大きく、日差しや風の有無によっても大きく体感温度が変わるため、体温調整が難しい場合も多々発生します。

登山用の服装は暑いときに汗をかいた場合は早く乾き、雨が降っても外からの水分は通さず、寒いときは保温性が高い、といったような体温調整の機能が充実しています。

重ね着を正しくすることで体温調節がうまくいくため、一日の中で気温の差が大きく発生したとしても、快適な登山が楽しめます。重ね着は「ベースレイヤー」「ミッドレイヤー(ミドルレイヤー)」「アウター」の3つのレイヤーが基本になります。

ベースレイヤー

ベースレイヤーは直接肌に接する形で一番内側に着る服装を指し、アンダーウェア、下着がベースレイヤーに該当します。歩行中にかいた汗を素早く吸収し外部に拡散することで、体温が奪われることを防ぎます。

最近の化学繊維は、水分の通り道が内側から外側へ一方通行になっていたり、内側の表面に凹凸をつけることで皮膚との接地面積を最小化することでよりベタつきを抑える働きがあるなど、どんどん高性能になってきています。

夏場はこのような吸水速乾性が高い化学繊維がおすすめです。また、ウールは汗や水分を吸収すると、発熱する特性を持っています。冬場はこの性質を効果的に生かすことで保温性を高めることができます。綿も同じように水分を吸収して発熱性質を持ちますが、速乾性がかなり低いため登山で着用すると汗冷えの可能性が高いです。汗で冷えると低体温症になり動けなくなる可能性があるため登山で綿のインナーは避けましょう。

登山の服装としておすすめのベースレイヤーは以下の記事を参考にしてください。

重ね着が基本の登山の服装の中で、アンダーウェアやインナーは一番下の部分にあたり、ベースレイヤーとも呼ばれます。今回はアンダーウェアやインナー...
ランニングや登山などの激しいスポーツに欠かせないのが機能性インナーです。特に近年のテクノロジーの発展により機能性インナーは生地から縫製まで高...

ミッドレイヤー(ミドルレイヤー)

ミッドレイヤーにはベースレイヤーから発生する汗を発散させる役目と、保温の役目がある服装になります。汗や湿気を外部に逃がすために通気性が良いシャツやジップシャツや化繊ジャケットなどから、保温力が高いフリースやダウンジャケットや、ソフトシェルという風と雨から身を守ってくれるものまで様々なタイプの服装が存在します。

ミッドレイヤーはアウトドアブランド各社が様々な場面に応じた幅広い商品ラインナップが存在します。同じカテゴリの服でも値段やブランドによって性質が異なるので、購入の際はカテゴリを決めてかからずに用途に応じて個別にウェアを選択しましょう

いずれにのミッドレイヤーを着用するにしても、ある程度透湿性あるはいえ行動中に汗を大量にかくような状況では着るべきではありません。行動中はアンダーウェアのみで休憩中にミッドレイヤーを羽織るなど、状況に応じて脱いだり着たりすることでうまく体温調整を行ってください。

何度も脱いだり着たりすることが想定される場合は、計量でコンパクトにたためるようなウェアや、着ているときにボタンやジッパー等で体温調整をしやすいモデルを選ぶことがポイントです。

時期によってミッドレイヤーの選択肢が大きく異なるので、秋冬であれば保温性重視、春夏であれば通気性や透湿性重視、寒暖の差が激しいことが想定される場合は温度調節がしやすい服装を選択するとよいでしょう。以下に代表的なミッドレイヤー(ミドルレイヤー)についてまとめました。

また、ミッドレイヤー(ミドルレイヤー)の基礎知識についてはこちらの記事に詳細をまとめています。

登山の服装の基本は重ね着ですが、ミドルレイヤー(ミッドレイヤー)は保温のためだけではなく、コンディションに応じて様々な機能性を求められます。...

フリース

フリースの特徴は適度な防寒性とやわらかな素材の肌触り動きやすさにあります。通気性が高い反面、防風性が低いデメリットがあります。また、起毛素材のためかさばるのが難点です。ダウンジャケット(インシュレーション)と比較すると動きやすく保温力も適度なため行動中に着用したい場合に適しています。最近はマイクロフリースと呼ばれる毛が短いフリースがコンパクトで保温性が高く人気です。

登山の服装は重ね着(レイヤリング)が基本です。登山のフリースはレイヤリングの中ではミドルレイヤーとして着用されます。今回は登山用のフリースの...

ダウンジャケット(インシュレーション、インサレーション)

登山においてインシュレーション(インサレーション)とは羽毛や化学繊維を詰めたダウンジャケットを指します。外の寒い空気をシャットアウトして内部で暖かい空気を溜め込み、フリースよりも高い保温性を発揮します。また、フリースと比較してコンパクトに収納できる点がメリットです。ミドルウェアの中で最も保温性が高い服装なので雪山や休憩時の使用に適しています。

秋冬の登山やトレッキングに欠かせないミドルレイヤーがダウンジャケットです。今回はダウンとは?ユニクロのウルトラライトダウンは使えるか?という...

ソフトシェル

アウターであるハードシェルは高い防水性や防風性を持ちますが、ソフトシェルは防水性や防風性を落とし、その分動きやすさや透湿性を高めたシェルになります。アウターとしても、ミッドレイヤーとしても使われる万能選手です。フリースとインシュレーションと比べると保温力は最も低いですが、透湿性が高いので行動中の着用に最も適しています。

ソフトシェルはストレッチ性、撥水性、通気性のバランスが高く、アウターとしてもミッドレイヤーとしても使えるアイテムです。今回は「ソフトシェルと...

ウインドシェル

ウインドシェルはウインドブレーカーやライトシェルとも言いますが、防風性能に特化したミッドレイヤーです。ソフトシェル以上にペラペラで撥水性もソフトシェルよりも低くなります。超軽量で超コンパクトになるものが多く、登山だけでなく自転車や旅行にも使えます。

ウインドブレーカーはウインドシェル、ライトシェルとも言われますが、名前の通り、風から身を守ってくれる服装になります。超軽量で非常にコンパクト...

登山用シャツ

登山の服装の中で山シャツの一番の特徴は「デザイン性」です。山の中だけでなく、移動中の街中でも他の服装と比べて最も違和感がない服装です。おしゃれを楽しみたい人、いかにも登山という服装が好きでなはい人におすすめです。

他のミッドレイヤーと比べると防寒性や防風性は低く、ジッパーで無段階に可能な他のウェアと比べるとボタンの開け閉めによる温度調節は使い勝手はいいとは言えませんが、夏山であまり条件が厳しくない山であればおしゃれを楽しみながら山登りすることができます。

登山シャツはウェアでおしゃれを楽しみたい人に人気があるミドルウェアです。今回は登山シャツの特徴と使いどころ、コロンビアやノースフェイス、ミズ...

アウター

アウターは風や雨から体を守ってくれることを目的としています。また、内部から発生する汗の透湿性も重要です。アウターを常時着用するのは秋冬で、特に冬は雪や氷の中を進む場合を想定して、防風防寒性だけでなく、丈夫で耐摩耗性が高い生地が使用されています。

気候条件にもよりますが、ミッドレイヤーで紹介したソフトシェルやウインドシェルなど薄手の軽量で動きやすいのものをアウターをして使う場合もあります。

インナーやミドルレイヤー同様に、天候や気温によって適したアウタージャケット(防寒着)は異なってきます。今回は登山、トレッキング用のアウタージ...

レインウェア

アウターの段落で紹介しますが、春夏の暖かい気候で休憩時もミッドレイヤーで十分なような場合はレインウェアをアウターとして持っていっても問題ないでしょう。

ただし、レインウェアは通常は持ち運んで雨が降った時だけ一時的に着用することが想定されているため、軽量コンパクト化を目的としてベンチレーターなどが省略されています。常時着用していると蒸れて不快になることもあります。ハードシェルの耐久性やソフトシェルのストレッチ性などもないので常時アウターの代役としては使えないことを頭に入れておきましょう。

登山に欠かせないのがレインウェアです。レインウェアは、登山靴と登山リュックと合わせて山登りの三種の神器と言われるほど重要なアイテムです。これ...

登山の服装は脱いだり着たりの繰り返し

繰り返しになりますが登山の服装は重ね着が基本です。ウェアを購入する際は重ね着しやすい薄手の服を選ぶと使い勝手がよいです。新しいアイテムを買い足す場合は、既に自分が持っているウェアと重ね着することを考慮して購入しないと、袖が通りにくかったり、体を動かしにくかったりすることが起こりえます。

また、歩行中は気温や体温の状況に応じて脱いだり着たりの繰り返しで体温を調整します。寒さを我慢すると体力低下につながりますので、こまめな体温調整が重要です。

休憩で足を止める場合はすぐに上着を羽織るぐらいがちょうど良いでしょう。何度も脱いだり着たりすることを想定して、コンパクトに収納できるウェアを選択し、ザックの取り出しやすい場所に収納しておく形がよいでしょう

下半身は動きやすい服装

下半身は行動中にストレスを感じないためにも、もも上げや屈伸をしても突っ張らず動きやすい服装を選びましょう。歩行中や休憩中に岩や木に擦れたり、土で汚れたりすることがあるので、汚れにくく擦れてもすぐに破けない丈夫な素材を選ぶこともポイントです。

また、上半身と同様に吸湿速乾性も大事です。最近はタイツにスカートや短パンを重ね着するスタイルの人も多く見かけます。タイツは普段使いの厚手のものを使用している方も見かけますが、速乾性が低いので汗に弱くおすすめできません。登山やスポーツ用の機能性が高いタイツを着用するようにしましょう。怪我や虫から肌を守るという観点で半ズボンよりは長ズボンのトレッキングパンツやジャージがおすすめです。ジーンズは速乾性が低いためNGです。

下半身が重要となってくる登山やトレッキングにはタイツの着用が非常に効果的です。今回は登山用タイツについて、登山に適したタイツの説明とおすすめ...
登山のウェアで注目されがちなのは上半身のジャケットやインナーですが、行動中に最も動かす部分は下半身になります。快適な歩行のためにもトレッキン...

靴下

登山の服装で意外と重要なアイテムが靴下です。厚手でクッション性が高いと靴擦れを防いで疲労感が少なくなり、生地の防臭性と速乾性が高いと蒸れと臭いを防ぐことができます。他の服装と比べてお金がかからないアイテムなので是非最初に購入しましょう。

登山用品をそろえていく中で意外と疎かにしがちなアイテムが靴下です。値段も安く、小さな用品ですが、体の末端の指先から暖める事は特に雪山、冬山登...

帽子

日よけや怪我の帽子や防寒などに役にたつのが帽子です。春夏秋やハットやキャップ、冬はビーニーがおすすめです。いくつか持っていると使い分けできて便利です。

帽子を必ず被っていないと登山やトレッキングができないわけではありませんが、登山に行く場合は帽子を持って行く事をおすすめします。紫外線や怪我か...

グローブ(手袋)

怪我の防止や防寒対策にはグローブ(手袋)の着用がおすすめです。グローブを持っていない場合は冬の防寒用でなければ軍手でも代用がききます。

怪我の防止や日焼け止めから防寒対策など、夏山か厳冬期の冬山まで登山の様々なシーンで活躍するのがグローブ(手袋)です。今回は、登山用のグローブ...

ゲイター(登山スパッツ)

富士山登山の下りなど小石が登山靴と靴下の間に入ることを防いでくれるのがゲイター(登山スパッツ)です。トレイルランニングでも使います。冬の雪山では雪の侵入を防ぐ為にゲイターを着用します。

登山に持っていくと何かと便利な持ち物がスパッツ(ゲイター)です。(スパッツとゲイターは同じものを指します。) 夏山では雨や小石の侵入を...

サングラス

特に夏場全般や富士山登山など標高が高く紫外線が強い山で活躍するのがサングラスです。レンズカラーによって目から入ってくる風景の印象が異なるため、気分を変えることもできます。

登山向けのサングラスについて、サングラスのレンズやフレームの解説や登山のシーン別の選び方、おすすめブランド・モデルをまとめています。 ...

登山の服装に使われる主な素材

冬の登山の服装
IslandHopper808

綿(コットン)

乾いている時の肌触りは良いですが、水分を吸収すると乾燥するまでに時間がかかるのが特徴です。服から蒸発する際に体を冷やすので、登山には全く向いていません。体温を下げてくれて紫外線を通しにくいので、登山ではなく常夏の楽園向きの素材です。

ウール

綿と比較すると速乾性があるため登山の服装に向いている素材です。ウールは吸湿性が高く、湿気を吸収して発熱する吸着熱を発生させます。かつ、保温性がある(吸湿発熱)点も登山の服装に適しているポイントです。特に、保温性が求められる冬山に適しています

化学繊維と比べると、汗をかいたときのひんやり感が少ないです。欠点は、肌触りがチクチクする点と、繊維の隙間が大きいのでかさばる点があります。ウールの中でもメリノウールは肌触りが良いため、肌着として人気があります。

ポリエステル

ポリエステルは速乾性に優れています。吸湿性は綿やレーヨンに比較すると低いです。着心地も良いのでインナーに適しています。また、フリースも実は極細のポリエステルでできています。極細の繊維の間に空気をためることで保温性能を高めています。

ナイロン

ナイロンは耐熱性、難燃性、耐薬品性、耐寒冷性、耐磨耗性という特徴を持ちます。防風性や耐久性が高く、主にアウターで使用されています。ポリエステルと比較すると若干軽いので、グラム単位で装備の重量を調整する場合はナイロンに軍配が上がります。

レーヨン

レーヨンは吸水性(吸汗性)と吸湿性に優れています。速乾性は綿と比較すると高いのですが、水分を多く保持する分、ポリエステル等の化学繊維に比較すると速乾性が低くなります。

登山の服装は臨機応変に

 夏の登山の服装
Philms

寒暖の変化が大きい山では、体温調整しやすい服装が大事です。登山初心者の人しっかり知識を頭に入れた上でウェアを選択しましょう。山に持って行く持ち物について確認したい方は登山初心者はまずこれをチェック!初心者のための持ち物リストもチェックしてみてください。

また、登山靴について詳しく知りたい方は「初心者は知っておくべき登山靴の種類とおすすめの登山靴10選!」もチェックしてみてください。

登山初心者から上級者まで、すべての人におすすめのamazon登山用品ショップ

amazonの登山用品ショップは登山靴トレッキングパンツトレッキングポールなど、登山の服装登山用品の種類がかなり充実しています。使用者のレビューが充実しているので、安心して購入することができます。

Amazonプライムであれば送料無料で即日配達、また「服&ファッション小物」「シューズ&バッグストア」カテゴリであればなんと30日間返品可能で送料も無料です。ただし、Amazon.co.jpが出品していない商品は条件が付く場合があるのでAmazon.co.jpが出品している商品が安心です。 シーズンに応じて登山用品のセールもやっているので、定期的にチェックしてみてください。

登山用品ショップ