山専ボトル(サーモス)とアルパインサーモボトル(モンベル)の比較

サーモスの山専ボトルと、ほぼ同スペックのモンベルのアルパインサーモボトルの比較表をまとめました。結果、基本スペック(保温、保冷、大きさ、重さ、容量)ではほぼ同じ、値段は若干アルパインサーモボトルが安いが、送料や手間を考えると山専ボトルが有利という結論です。

2019年4月現在、アルパインサーモボトルをはじめ、モンベルの登山用品はモンベル公式サイトでしか購入できなくなっています。モンベルショップが近くにある人は店舗で買えますが、ネットの場合は送料が540円かかります。

Amazonプライムメンバーであれば送料無料で翌日届くので、普段からAmazonで買い物をしている人は山専ボトルのほうがすぐ手に入ります。

比較項目山専ボトル500mlアルパインサーモボトル0.5L山専ボトル900mlアルパインサーモボトル0.9L
容量0.5L0.5L0.9L0.9L
保温効力(6時間)77度以上78度以上80度以上81度以上
保温効力(24時間)50度以上51度以上60度以上61度以上
保冷効力(6時間)10度以下8度以下9度以下7度以下
高さ23.5cm24cm30cm30cm
直径7cm7cm8cm7.9cm
重量280g265g390g380g
定価4,100円(amazon)3,500円5,100円(amazon)4,500円
   
0.5リットル、本体寸法(約):幅/7cm×奥行き/7cm×高さ/23.5cm 口径:3.6cm 本体重量:約0.28kg、6時間後も77℃をキープ。グリップ性が高いシリコン製リングが装着されていて、グローブしたままでも扱いやすく、万一倒した場合にもダメージを軽減します。
   
0.9リットル、本体寸法(約):幅/8cm×奥行き/8cm×高さ/30cm 口径:3.6cm 本体重量:約0.39kg

山専ボトルとモンベルアルパインサーモボトルの機能比較

保温力や大きさ、値段などの基本スペックではモンベルが全ての点において絶妙に上回る状況でしたが、持ちやすさや使い勝手の面では微妙に両者で工夫が異なるのでその点を比較表にまとめました。

コップの比較

山専ボトルとモンベルアルパインサーモボトルのコップ比較

山専ボトルモンベルアルパインサーモボトル
持ちやすい形状のプラスチックで、凹凸があるのでグローブをはめたままでも回しやすい。上端がシリコンゴムになっているためグローブをはめたままでも回しやすい。

本体の比較

山専ボトルとモンベルアルパインサーモボトルの本体比較

山専ボトルモンベルアルパインサーモボトル
注ぐ時に、ちょうどボトルを持つ部分と底の2か所がシリコンゴムで滑り止めになっている。ボトルの底がシリコンゴムで滑り止めになっている。

内栓の比較

山専ボトルとモンベルアルパインサーモボトルの内栓比較

山専ボトルモンベルアルパインサーモボトル
山の上で気圧がかかって水筒があけずらい状況でも回しやすい二重構造の内栓。六角形で回すときに力を入れやすく、内栓にも保温材が封入されて保温性能がUPされた内栓。

山専ボトル・モンベルボトルは500mlと900mlのどちらがいいか?

重さは100g程度重くなりますが、結論は900mlがおすすめです。中にお茶やコーヒーを入れていってもいいですが、お湯を入れて行くのがおすすめです。900mlは500mlと比べて保温力も高くてカップヌードルなら2杯作っても360ml余るので、180mlでちょうどコーヒーが2杯分いれることができます。

一人で使う場合も900mlあると、どん兵衛+コーヒー2杯は作れます。山専ボトルをパッキングする時点で軽さはある程度犠牲にしているはずなので、100gを我慢して暖かいお湯をとりましょう。

種類必要なお湯の量
カップヌードル270ml
カップヌードルビッグ400ml
チキンラーメン400ml
どん兵衛うどん480ml
どん兵衛天ぷらそば390ml

寒い時期の登山やハイキングは、夏と比べて汗をかいた実感が少ないものの、意外と水分が失われている状態になりがちです。水分不足はパフォーマンス低下や脱水症状の元になるので、その点でも水筒は大きめがおすすめです。

寒い時に冷たい水分をとると体力を消耗してしまうので、暖かいお湯は運動量を落とさないためにも非常に重要です。シングルバーナーケトルコッヘルチタンコップなどで毎回お湯を沸かすのは手間がかかるので、山専ボトルのように高い保温力がある登山用水筒はかなり重宝します。

場所によっては火気厳禁の場所があるため、バーナー類が使えない場合があります。そんな時でも暖かい食事ができるというメリットもあります。

そして中身をお湯にしておけば、カップ麺やフリーズドライ食品を食べる時、卵スープや酸辣湯などスープを作る時、コーヒー紅茶やお茶やお湯割りを作る時などなんでも使えます。普通の水筒だとお湯がぬるくなってしまうところ、山専ボトルもしくはアルパインサーモボトルでお湯を持っていけば、長時間行動した後でも熱々のカップ麺を楽しむことができます

   
0.5リットル、本体寸法(約):幅/7cm×奥行き/7cm×高さ/23.5cm 口径:3.6cm 本体重量:約0.28kg、6時間後も77℃をキープ。グリップ性が高いシリコン製リングが装着されていて、グローブしたままでも扱いやすく、万一倒した場合にもダメージを軽減します。
   
0.9リットル、本体寸法(約):幅/8cm×奥行き/8cm×高さ/30cm 口径:3.6cm 本体重量:約0.39kg

山専ボトルとアルパインサーモボトルの口コミ・評判の比較

山専ボトルの口コミ・評判

モンベルアルパインサーモボトルの口コミ・評判

結論、山専ボトルもアルパインサーモボトルも登山にとてもおすすめ

容量も900mlのほうが、本来の保温力を存分に生かした使い方ができることがわかったところで改めて結論ですが、登山ナビとしてモンベルのアルパインサーモボトルよりも山専ボトルがおすすめです

実際使ってみるとわかりますが、コップや内栓の開けやすさは正直どちらの水筒も大きくは変わりません。また保温力もほぼ一緒です。そうなるとやっぱり一番大きいポイントは値段の安さや手に入れやすさですが、アルパインサーモボトルはモンベル公式ネットショップでしか買えず、送料もかかるので、定価より安いamazonで売っている山専ボトルと一緒の値段になってしまいます。

モンベル公式サイトに登録するのは手間ですし、毎回送料がかかるのは抵抗感があります。音楽も映画も無料になる年間3900円のAmazonプライムメンバーになったほうがよっぽどメリットが大きいので、モンベルショップが近場にある人以外は山専ボトルがおすすめです。

   
0.5リットル、本体寸法(約):幅/7cm×奥行き/7cm×高さ/23.5cm 口径:3.6cm 本体重量:約0.28kg、6時間後も77℃をキープ。グリップ性が高いシリコン製リングが装着されていて、グローブしたままでも扱いやすく、万一倒した場合にもダメージを軽減します。
   
0.9リットル、本体寸法(約):幅/8cm×奥行き/8cm×高さ/30cm 口径:3.6cm 本体重量:約0.39kg

山専ボトルと合わせて知っておきたい関連記事