ウインドブレーカーのおすすめ13選【登山やアウトドア、スポーツ向けの服装】

ウインドブレーカーはウインドシェル、ライトシェルとも言われますが、名前の通り、風から身を守ってくれる服装になります。超軽量で非常にコンパクトに折り畳めて持ち運びできるものから、防風・防水性能が比較的高いものまで様々なモデルが発売されています。今回は人気が高いおすすめのウインドブレーカー(ウインドシェル・ライトシェル)について用途に合わせた厳選のメーカー・ブランドの8選を紹介します。ロードバイクになど自転車に乗る方や、ランニングをする方など、スポーツ全般におすすめのウインドブレーカーです。

Sponsored Link

ウインドブレーカーとは

ウインドブレーカー(windbreaker)とは、名前のとおり防風による防寒を目的として着る服装です。素材はナイロンやポリエステルが使われることが多いです。ウインドブレーカーと一言で表現はしますが、ブランドやメーカーによって様々な機能の違いがあります。撥水性能が高く雨に強いモデル、裏地に中綿が使用されていて防寒性能が高く暖かいモデル、超軽量にできていてとにかくコンパクトに折り畳めるモデルなど、様々なウインドブレーカーが販売されています。

ウインドブレーカーは幅が広いため、別の名前で呼ばれることもあります。「ウインドシェル」や「ライトシェル」と呼ばれることもありますし、フード付きのウインドブレーカーは「アノラック」、防寒性能が高く暖かい裏地がついたものは「ウインドアップ」、ジッパーがなく、上からかぶって着るものは「ピステ」と呼ばれます。

人気が高いおすすめのウインドブレーカー3選

ウインドブレーカーはモデルによって雨に強い撥水モデルや防寒モデル、暖かい中綿入りモデルや超薄型など様々な種類があるため、それぞれのおすすめ商品を紹介します。

最高の機能性!ARC`TERYX(アークテリクス) Squamishシリーズ

アークテリクスはお値段はなかなか高いですが、とにかく高品質でおすすめのブランドです。Squamishを持っていれば春から秋までかなり長い期間使えるので、値段は高くてもかなり元を取れると思います。軽量で胸のポケットにコンパクトに収納できて、撥水コーティングされているので多少の雨にも耐えてくれます。伸縮性もあって動きやすく、フードも立体裁断で視界もクリアに確保できます。軽量であるため、登山やアウトドアにいく時にザックに入れておけばちょっとした防寒にかなり活躍するでしょう。

サイズは170cm、65kgの体型の筆者だとSサイズがちょうどよいです。Mサイズだと少しゆとりが大きいかなといった感じです。サイズに対して少し大きめなので、ロードバイクなどの自転車に乗る方などジャストサイズで着たい人や、中にそこまで着込んで使う想定がない場合はワンサイズ下で良いと思いますので参考にしてください。

人気モデルのため基本的に品薄です。売り切れも多いので購入を検討している人は早めの決断がおすすめです。とにかく使い倒せるウインドブレーカーであることは間違いありません。

メンズ(フード付き)

レディース(フード付き)

私服でも使える!THE NORTH FACE(ノースフェイス)のスワローテイル フーディ(Swallowtail Hoodie)

ノースフェイスの定番ウインドブレーカー、スワローテイルはカラーバリエーションが豊富で私服でも使えるオシャレなモデル160gとかなり軽量で、素材もかなりペラペラ感はあります。防水性能は低く、あくまでも防風のために使うことを想定されたウインドブレーカーです。ポケット部分はメッシュになっていて暑い時は熱を逃がすことができ、ベンチレーター代わりに使えます。10種類近くのカラーがあり、私服として使う場合や登山やアウトドアの場合でも好みの色が見つかると思います。黄色は夜でも目立つはっきりした色なのでロードバイクや自転車に乗る方におすすめです。単色カラーと2色の切り返し、カモフラの3パターンから選べます。

単色カラー・2色切り返し

カモフラ(迷彩)

安くて便利なmont-bell(モンベル)のウインドブラストシリーズ

モンベルのウインドブラストは、値段が安く手軽に購入できるところが最大のおすすめポイントです。かなり薄手で軽いため、防寒性能はそこまで高くありませんが、へポルカテックス加工という撥水加工が施されているため、多少の雨なら耐える撥水性能と防風性能があります。薄手のため、長時間の雨には耐えられませんのでご注意ください。軽くてコンパクトに収納袋に収納できるため、一枚上着を持っておきたい時の持ち運びに便利です。サイズは筆者でMサイズでちょうどいい感じです。

フード付き

フードなし

まだまある!おすすめのウインドブレーカー3選

patagonia(パタゴニア)のフーディニ

パタゴニアのフーディニも人気の定番ウインドブレーカーです。かなり薄手で持ち運びに便利です。個人的にはネイビーカラーに黄色のジッパーがおしゃれなカラーリングでおすすめです。しっかり防風してくれるので、登山やアウトドアやサイクリングだけでなく、旅行に持って行っても肌寒い時に役に立ちます。胸ポケットにコンパクトに収納が可能です。

Marmot(マーモット)のウインドライトシェルジャケット

マーモットのウインドライトシェルジャケットは耐久撥水性と、防風性能があります。背中にベンチレーションもあるため蒸れにも強いウインドブレーカーです。一通りの機能は備えたモデルです。モンベルは山を歩いていると、ノースフェイスは街中で自分と同じウインドブレーカーをきた人をよく見かけることが多いですが、マーモットは他のブランドに比べると人とかぶりにくい点がおすすめです。

Columbia(コロンビア)のワバシュジャケット

コロンビアのワバシュジャケットは生地に透湿防水性能が高いオムニテックが使用されていて、縫い目にはシームテープで防水性能が高められています。風だけでなく雨にも強いウインドブレーカーです。

立体裁断で腕や肩も動かしやすく、ハイキングやフェス、釣りやサイクリングなど様々なシーンで活躍します。胸ポケットの開閉で換気ができてスタッフバッグにポケッタブルサイズに小さく収納もできる、多機能ウインドブレーカーです。

スポーツブランドのウインドブレーカー4選

ランニングやサイクリングなどのスポーツ全般に使えるウインドブレーカーを紹介します。デザイン的におしゃれなもの、かつ評価が高いものを厳選しています。

adidas(アディダス)

アディダスのカラーブロックタッサージャケットはカラーがおしゃれなウインドブレーカーです。値段も安いので街中で自転車に乗る方は一枚もっておくと便利かもしれません。アマゾンでかなり割引になっています。

mizuno(ミズノ)

スポーツの定番、ミズノのウインドブレーカーです。カラーは黒、グレー、紺色から選べます。ミズノ独自の発熱素材、ブレサーモが使用されているため冬でも生地の薄さの割に暖かさを得ることができます。スポーツ全般にマッチするデザインで値段も安いので最初の1枚におすすめです。

プーマ

プーマのウーブンジャケットは切り返しがおしゃれなデザイン性が高いモデルです。裏地はメッシュになっていて汗をかいても張り付かずに快適に使うことができます。

DIADORA(ディアドラ)

ディアドラのウインドブレーカーでもライトクロスジャケットは光沢感があってかなりおしゃれです。カラーバリエーションも豊富です。

ランニングのウインドブレーカーにおすすめ3選

冬場のランニングやジョギングには冷たい風をシャットアウトするためにウインドブレーカーが欠かせません。注意点は厚着しすぎないこと。走り始めは寒くても途中で温まってくるため、重ね着しすぎると暑くてコンディションが悪くなります。ランニングには薄手のウインドブレーカーを着用して走りましょう。

アシックス:A77 ウインドブレーカー

ランナーに人気ブランドのアシックスのA77シリーズです。裏地が起毛になっていて暖かく、しっかり風を防いでくれるので冬場のジョギングに重宝します。撥水性もあるため、多少の雨にも耐えることができます。雨の中のランニングで雨粒が体に当たると想像以上にストレスを感じるので、ランニングキャップとサングラスの着用+ウインドブレーカーで雨をシャットアウトすると快適に走ることができます。カラーバリエーションも豊富でおしゃれなデザインなのでランニングだけではなく普段着としても使えます。

アシックス:ランニングウィンドシャツ

アシックスのウインドシャツはとにかく低価格なので、ランニング専用に1枚欲しいという方に最適です。

ミズノ:ランニングウィンドブレーカーシャツ

裏地にミズノ独自の吸湿発熱素材であるブレスサーモが8%使用されていて、保温効果が高いです。こちらも冬のジョギングに適しています。

登山初心者から上級者まで、すべての人におすすめの好日山荘Webショップ

好日山荘のWebショップは登山用品の種類がかなり充実しています。しかも、ショップスタッフの商品レビュー付きなので安心して購入することができます。

ポイントは3%溜まって、7,560円以上は送料無料です。そしてなんと靴のサイズ交換は無料シーズンに応じてセールもやっているので、ぜひ定期的にチェックしてみてください。

Sponsored Link