ふくらはぎサポーターの効果と目的別おすすめモデル比較(肉離れ・スポーツ・寝るとき用)

photo by Peter Mooney

ふくらはぎは裏側の腓腹筋(ひふくきん)やヒラメ筋、表側の前脛骨筋(ぜんけいこつきん)や長趾伸筋(ちょうししんきん)、長母指伸筋(ちょうぼししんきん)、第三腓骨筋(だいさんひつきん)等様々な筋肉で構成されています。

これらの筋肉をサポートして怪我や疲労を軽減するのがふくらはぎサポーターです。本記事ではふくらはぎサポーターの効果や肉離れや「つる」ことを予防するためのおすすめモデルをまとめています

ふくらはぎに起こりやすいトラブル

主に短距離走の陸上やテニスなど瞬発的な動きをするスポーツでは肉離れ、マラソンや長時間の運動による疲労の蓄積やジャンプの連続などではすねの内側が痛むシンスプリントが起こりやすいトラブルと言えます。

  • 瞬発的な動きのふくらはぎトラブル:肉離れ
  • 長時間運動のふくらはぎトラブル:シンスプリント

ふくらはぎは体全体の体重を支えつつ、走ったり運動したりすると地面からの衝撃を吸収する筋肉になります。肉離れやシンスプリントが起こらなくとも継続して負荷が高いので、サポーターによる筋肉のサポートは、トラブルの予防に非常に効果的です。

ふくらはぎサポーターの2つの効果とは

ふくらはぎのサポーターには大きく「疲労軽減効果」「筋肉サポート効果」の2つの効果があります。いずれもふくらはぎの筋肉の本来の働きをアシストする効果で、ランニングやマラソンなどの陸上競技やバスケやサッカーなどの球技、立ち仕事や寝るときの着用など日常生活でも幅広く役に立ちます。

疲労軽減効果

血液を運ぶポンプの働きは実は心臓だけでなく筋肉も同様に伸縮運動で血液を運んでいます。長時間立っていたり運動していると筋肉にも疲労がたまり血液を運ぶ働きも鈍くなってしまい、その結果疲労物質が溜まって足がむくむことになります。

ふくらはぎサポーターにはコンプレッション機能(着圧機能)と呼ばれる、外側から筋肉を締め付ける機能を持ちます。サポーターを着用して外側から筋肉を抑え込むと、外側への無駄な筋肉のブレを減らしてポンプ運動を効率的にすることができるようになります。これがコンプレッション効果です。

また、筋肉疲労は運動による直接的な消耗だけでなく振動によって筋肉がぶれる際全身のバランスを保とうとすることでも積み重なると言われています。サポーターで振動を抑えることも疲労軽減につながります。

筋肉サポート効果

サポート効果はテーピングと同じ働きをする効果を指します。つり防止や肉離れの防止のためにテーピングを巻く人もいると思いますが、サポーターの着用で筋肉の動きをサポートして運動時の負担を軽減することができます

また、肉離れを起こしてしまった場合はもちろん安静にしておくのが一番ですが、歩行するときに少しでもふくらはぎに負担をかけないことが重要になります。そのためにテーピングを巻いたりサポーターを着けることもあります。

ふくらはぎが「つる」ことを防ぐためにサポーターは効果的か?

そもそもふくらはぎが「つる」原因は

  1. 筋肉の冷え
  2. 筋肉疲労
  3. ミネラルバランスの乱れ

が原因とされています。サポーターを装着することで、保温と着圧効果による血行促進や筋肉疲労軽減が見込まれるため、①②への対策になるため、効果的と言えます。

ただし、ふくらはぎが「つる」時は例えばランニングでフォームが崩れているために局所的に負荷がかかっていたり、ナトリウムやマグネシウムなどのミネラルが不足していたり、サポーターを着用していても長時間・高負荷の状態であったり、様々な要因があるため完全には「つる」ことは防げません。

運動前の足つり防止のためのミネラル補給サプリメントで効果があるというレビューが多いのがMag-on(マグオン)です。足がつりやすい人はサポーターと合わせて使ってみてください。

目的別おすすめふくらはぎサポーター

ハードな運動による肉離れやつることを予防するための強力なサポーター

ハードな運動による肉離れやつることを予防するための強力なふくらはぎサポーター

マラソンやトレイルランニング、バスケやサッカーやテニスなどの瞬発力が必要な球技などで着用する場合は強力な着圧効果・サポート効果があるサポーターがおすすめです

CW-Xパーツ ふくらはぎ用プレミアム

ランニングタイツでも非常に人気が高いCW-Xのふくらはぎサポーターです。効果的な段階着圧とワコール独自のテーピング理論によるサポート効果でバスケやテニスなど激しい球技やマラソンなどランナーにも人気です。

はじめてのふくらはぎサポーター購入で失敗したくない人におすすめの鉄板モデルです。

C3fit インスピレーションゲイター

着圧効果で最も効果が高いメーカーがC3fitです。「弾性ストッキング」として一般医療機器認定を受けているため、効果はバツグン。かなり強い締め付けになるため、寝るときの着用はNGとされています。また、血圧が高い人等局所的に強い圧迫を避けたほうがよい人も着用がNGです。

着圧が強いので着たり脱いだりするのも一苦労ですが、ふくらはぎサポーターはタイツよりも着脱が楽な点がメリットでもあります。マラソンやトレイルランニングなど長時間の過酷なスポーツだけでなく、終日立ち仕事で足がむくみやすい人にもおすすめです。

skins エッセンシャルパワーカーフ

エッセンシャルパワーカーフはskinsの中でも強めの着圧効果があるサポーターです。独自の動的段階的着圧で運動時に適切な圧力をかけてくれるのが特徴です。黒と黄色のデザイン性の高さも人気のポイントです。

立ち仕事やデスクワークの足のむくみ、旅行中の疲労を軽減するサポーター

立ち仕事やデスクワークの足のむくみ、旅行中の疲労を軽減するふくらはぎサポーター
Liam Matthews

激しいスポーツではないものの、日常生活でも地味に足がむくんで疲労することは多々ありますが、これらを軽減しつつ長時間着用していてもかゆくなったり痛くならない程度の着圧効果があるふくらはぎサポーターを紹介します。

skins エッセンシャルカーフタイツ

上記で紹介したエッセンシャルパワーカーフよりも着圧がマイルドになったモデルです。amazonのレビューが非常に高い人気商品です。

ザムスト Bodymate

各種サポーターで定評があるザムストの薄手ふくらはぎサポーターです。適度な段階着圧で薄手で通気性が高く重ね着してもかさばらないため普段使いに最適です。

強力なふくらはぎサポーターを使うと圧迫が強すぎて気分が悪くなる人もいます。まずは適度な圧迫感のボディメイトを使ってみると失敗が少ないでしょう。

肉離れからの回復や筋肉痛解消のためのサポーター

肉離れからの回復や筋肉痛解消のためのふくらはぎサポーター
durrah03

肉離れを起こしてしまった場合や筋肉疲労が激しい場合は安静にしていることが一番ですが、日常生活をしているとなかなかそうはいかないもの。そこでおすすめするのは、着脱が容易で状態に応じて圧迫する力を変えることができるタイプのふくらはぎサポーターです。

ザムスト CS-1

ふくらはぎの怪我からの復帰で定番モデルがザムストのCS-1です。肉離れやつり防止にも使えるし肉離れや足がつってしまった後のリカバリにも使えます。

寝るときに足のむくみを解消するふくらはぎサポーター

寝るときに足のむくみを解消するふくらはぎサポーター
Donnie Ray Jones

就寝時に適度に圧力をかけて足のむくみを解消してくれるサポーターは知名度も評価も高いメディキュットがおすすめです。

メディキュット

登山初心者から上級者まで、すべての人におすすめのamazon登山用品ショップ

amazonの登山用品ショップは登山靴トレッキングパンツトレッキングポールなど、登山の服装登山用品の種類がかなり充実しています。使用者のレビューが充実しているので、安心して購入することができます。

Amazonプライムであれば送料無料で即日配達、また「服&ファッション小物」「シューズ&バッグストア」カテゴリであればなんと30日間返品可能で送料も無料です。ただし、Amazon.co.jpが出品していない商品は条件が付く場合があるのでAmazon.co.jpが出品している商品が安心です。 シーズンに応じて登山用品のセールもやっているので、定期的にチェックしてみてください。

登山用品ショップ