登山のアンダーウェア・インナーの選び方と厳選のおすすめモデル

重ね着が基本の“>登山の服装の中で、アンダーウェアやインナーは一番下の部分にあたり、ベースレイヤーとも呼ばれます。今回はアンダーウェアやインナーについて求められる機能や素材の説明、おすすめの商品について説明します。

Sponsored Link

登山中に体に起こる出来事

登山に限らず、人間は汗をかくことで体温調節を行っています。実は人間は平常時も絶え間なく皮膚の表面から水分が蒸発していますが、運動などによって皮膚からの蒸発だけでは体温調節では補いきれない熱が余分に発生した場合、体温が上がりすぎないように調節する必要が出てきます。その調整のために人間は汗をかきます。

水が蒸発する時、25℃の場合は水1mlあたり0.54kcalほどの蒸発熱(気化熱)が必要となります。「熱が必要となる→周囲から熱を奪う→体温を下げる」という仕組みで体温調整することができるのです。

汗が皮膚に接するアンダーウェアやインナーや皮膚の表面についたままの状態になると、蒸れて体温調節の効率が悪くなるため、より汗をかく悪循環に陥ります。

そして、休憩時間になると体温が下がり始め、アンダーウェアやインナー、皮膚に接している水分が残っている場合、気化する時に体温を奪うため、汗冷えや寒気を感じることにつながります。この状態になると、体力とエネルギーを消耗し、注意力も低下します。うっかり足を踏み外したりすると事故につながる可能性もあるので、しっかりした対策が必要です。また、最悪の場合、低体温症になる可能性もあります。

低体温症は以下のような状態を示します。気温の変化が激しく、運動強度も激しい登山において、体温調節はとても重要です。

恒温動物の体温は、恒常性(ホメオスタシス)により通常は外気温にかかわらず一定範囲内で保たれている。しかし、自律的な体温調節の限界を超えて寒冷環境に曝され続けたり、何らかの原因で体温保持能力が低下したりすると、恒常体温の下限を下回るレベルまで体温が低下し、身体機能にさまざまな支障を生じる。この状態が低体温症である。

低体温症は必ずしも冬季や登山など極端な寒冷下でのみ起こるとは限らず、濡れた衣服による気化熱や屋外での泥酔状態といった条件次第では、夏場や日常的な市街地でも発生しうる。

軽度であれば自律神経の働きにより自力で回復するが、重度の場合や自律神経の働きが損なわれている場合は、死に至る事もある症状である。これらは、生きている限り常に体内で発生している生化学的な各種反応が、温度変化により、通常通りに起こらない事に起因する。

出典:wikipedia

登山のアンダーウェアやインナーに必要な機能

登山のアンダーウェアやインナーは、体に密着するようなタイトなシルエットのものが多くなっています。理由は、発汗した際に上記の悪循環に陥らないようにするために皮膚表面の水分を速やかに取り除くこと、また冬や寒冷地の場合は体の周りに無駄な空間をつくらず暖気を逃さないようにすることの2点があげられます。

必要な機能①:吸湿性・吸水性

似ているように見えますが、吸湿性と吸水性は実は異なります。

吸湿性:目には見えない水蒸気(気体)を吸収する性質
吸水性:目に見える水分(液体)を吸収する性質

素材によって、吸湿性が高いが吸水性が低い素材、吸水性は高いが吸湿性が低い素材があります。似て非なる性質ですので、注意してください。

日常生活のようにあまり汗をかかない平常時は吸湿性が高い素材だと着心地がよいですが、徳に夏山の登山など発汗する状況においてはアンダーウェアやインナーは吸水性・吸汗性のほうがより重要になってきます。

必要な機能②:速乾性

吸収した水分や汗を生地の表面に残ったまま皮膚に接していると蒸発熱(気化熱)による汗冷えの原因になるため、アンダーウェアやインナーが肌に接する水分を可能な限り速く拡散・蒸散させることが大事になってきます。

必要な機能③:保温性

特に冬や肌寒い時期の登山に必要な機能です。ウールなどの素材には吸湿した際に発熱する性質があります。発熱した熱を少しでも長く保持するアンダーウェア・インナーを選ぶと冬も安心で快適な登山が楽しめます。

あると便利な機能:防臭性・消臭性

登山は大量の汗をかきます。その分雑菌が繁殖しやすく、臭いが気になるところ。最近の機能性インナーの中には繊維に特殊な加工を施し、防臭・消臭するモデルもあります。また、なめらからな肌触りのメリノウールなどは天然の防臭作用があります。

機能性インナーの種類とおすすめインナー比較6選
ランニングや登山などの激しいスポーツに欠かせないのが機能性インナーです。特に近年のテクノロジーの発展により機能性インナーは生地から縫製まで高...

冬山など寒い時期のアンダーウェアやインナーにヒートテックは使えるか

まずはヒートテックの素材のおさらいです。

ユニクロのヒートテックに使われている素材
35% ポリエステル
33% レーヨン
27% アクリル
5% ポリウレタン

注目すべきは33%含まれているレーヨンです。レーヨンは「吸湿性と吸水性(吸汗性)が綿同様に高く、吸湿発熱機能がある。速乾性は綿よりは高いが生地に水分を多く保持する分だけ速乾性がポリ系(化学繊維系)に比べると低い」という特徴がある素材です。

※素材についての詳細はこちらの記事を参考にしてください。

登山の服装の基礎知識【初心者向け】
最近の登山ブームでこれから登山を始めるという初心者の方も非常に多くなってきました。登山のための服装の情報はいろいろあるものの、最初はどうした...

つまり、あまり汗をかかない状況においては吸収した水分を利用して発熱するため暖かいが、汗を大量にかく状況においては、生地が吸収できる限界まで水分を溜め込んだ後に乾きにくくなり汗冷えの原因になる、ということが起こります。

ヒートテックは冬場の寒さから身を守ってくれる機能があるアンダーウェアやインナーですが、冬山登山などの寒い時期に大量の汗をかくような特殊な状況はヒートテックに不向きな条件となります

状況に応じて適した素材のアンダーウェアやインナーを選ぶ事が重要です。

夏山では半袖と長袖のどちらにすべきか

真夏の登山の場合は半袖のTシャツでもよいですが、長袖だと虫や汚れ、怪我、紫外線などから腕を守ってくれ、暑くなったらめくり上げれば事足りるため、半袖より長袖のほうが使い勝手がよいです。

おすすめのアンダーウェアとインナー

ARC’TERYX(アークテリクス)のPhase(フェーズ)シリーズ

とにかく高性能なアンダーウェアとインナーを使いたい方はこちらがおすすめ。アークテリクスは高いだけあって、インナーの中では一番高性能ではないでしょうか。機能性はもちろん耐久性も高いので、安い商品を買ってすぐダメになるよりも結果的に安いのでは?と思います。

Phase(フェーズ)シリーズは、ポリエステルとポリプロピレンで合成された「Phasic生地」という生地でつくられています。この2層構造が、肌に触れる面から水分をどんどん吸収し、外側の層がどんどん発散させる機能をもっています。また、繊維には銀イオンがカプセル化して配合されているため、継続して防臭効果を発揮してくれます。

一番薄手の「Phase SL」、中間の「Phase AR」、一番厚手の「Phase SV」の3種類があります。大量に汗をかく夏山や冬山でも大量に汗をかく場合はSL、厳冬期にとにかく保温性が必要な場合はSV、中間のARは1年を通じて活躍するモデルとなっています。

人気モデルのため、品薄です。在庫があるうちに購入するのが吉です。

Phase SL[薄手]

メンズ・長袖

Phase AR[中間]

メンズ・長袖

レディース・長袖

Phase SV[厚手]

メンズ・長袖

レディース・長袖ジップ

レディース・長袖

mont-bell(モンベル)のジオラインシリーズ

価格が手頃なので、初心者の方などまずは登山用のアンダーウェアやインナーを1枚試してみたいという方におすすめです。こちらも皮膚表面の汗を吸い上げて拡散させる吸湿、吸水速乾性と、抗菌防臭機能があります。

一番薄手の「ジオラインL.W(ライトウエイト)」、中間の「ジオラインM.W(ミドルウエイト)」、一番厚手の「ジオラインEXP(エクスペディション)」の3種類があります。汗を大量にかく場合はL.W、厳冬期はEXP、1年を通じて活躍するM.Wとなっています。

ジオラインL.W(ライトウエイト)[薄手]

メンズ・長袖

レディース・長袖

ジオラインM.W(ミドルウエイト)[中間]

メンズ・長袖

レディース・長袖

ジオラインEXP(エクスペディション)[厚手]

メンズ・長袖

レディース・長袖

mont-bell(モンベル)のスーパーメリノウールシリーズ

モンベルのアンダーウェアとインナーには速乾性を重視してポリエステルの生地でつくられたジオラインシリーズと、保温性を重視してメリノウールの生地でつくられたスーパーメリノウールシリーズが存在します。ジオラインシリーズは汗をかくことが多い登山やシーズンでの利用、スーパーメリノウールは主に夏以外のシーズンや汗をあまりかかない状況で着用することがおすすめです。

スーパーメリノウールシリーズも、生地の厚さによって、L.W、M.W、EXPの3種類が存在します。L.Wは軽負荷のハイキングや旅行や日常使いに、M.Wは登山やスノースポーツやバードウォッチングなど体を動かさず野外で過ごすような時に、EXPは厳冬期の登山やとにかく気温が低い状況で保温性を追求したい状況に適しています。

スーパーメリノウールL.W(ライトウエイト)[薄手]

メンズ・長袖

レディース・長袖

スーパーメリノウールM.W(ミドルウエイト)[中間]

メンズ・長袖

レディース・長袖

スーパーメリノウールEXP(エクスペディション)[厚手]

メンズ・長袖

レディース・長袖

おすすめのショーツ

(シーダブリュエックス)CW-Xシリーズ

下着、ショーツといえばワコールです。その中でもスポーツ用の下着、ショーツは機能性タイツでもおなじみのCW-Xシリーズがおすすめです。ショーツに関しても綿ではなく、通気性を考えて化学繊維の生地を選びましょう。

メンズ

レディース

おすすめのスポーツブラ

女性専用のアンダーウェアやインナーとして、スポーツブラも直接肌に触れる下着になるため、吸湿速乾性が高い素材を選ぶことが重要です。登山だけでなく、フィットネスやジムなど日常使いできるので運動する方は必ず準備しておきましょう。こちらも下着メーカーのワコールのCW-Xシリーズがおすすめです。

レディース

スポーツブラについて、詳しくはこちらの記事にまとめています。

スポーツブラの選び方とおすすめブランド4選
ランニングなど運動をする時、スポーツブラを着用して揺れないようバストをサポートしないでいると、早期に垂れる原因となります。今回はスポーツブラ...

登山のアンダーウェアは意外と重要

登山ウェアを揃えるとき、最初はついついアウターウェアに目が行きがちですが、快適に行動するためには素肌に触れるアンダーウェアが非常に重要です。アンダーウェアの吸湿速乾性の程度によって快適具合が大きく変わってきます。

費用対効果という点においても、アウターは高価ですがアンダーウェアは数千円で大きな快適性を得ることができるため、まず最初に投資すべきウェアとも言えます。値引きが多い通販をうまく活用しましょう。好日山荘webショップはメンズ、レディース共に登山用アンダーウェアが豊富です。

【メンズ】アンダーウェアを好日山荘webショップで見てみる

【レディース】アンダーウェアを好日山荘webショップで見てみる

アンダーウェアの関連記事

アンダーウェアに関連しては以下の記事も参考にしてください。

登山のタイツを機能別に解説!(おすすめタイツ8選付き)
昨今、様々なジャンルのスポーツで機能性タイツが広く人気を集めています。下半身が重要となってくる登山やトレッキングについてもタイツの着用は非常...
登山の靴下の選び方とおすすめのトレッキングソックス8選
登山用品をそろえていく中で意外と疎かにしがちなアイテムが靴下です。値段も安く、小さな用品ですが、体の末端の指先から暖める事は特に雪山、冬山登...
トレッキングパンツ・登山用ズボンのおすすめ10選(種類別)
登山のウェアで注目されがちなのは上半身のジャケットやインナーですが、行動中に最も動かす部分は下半身になります。快適な歩行のためにもトレッキン...
機能性インナーの種類とおすすめインナー比較6選
ランニングや登山などの激しいスポーツに欠かせないのが機能性インナーです。特に近年のテクノロジーの発展により機能性インナーは生地から縫製まで高...
スポーツブラの選び方とおすすめブランド4選
ランニングなど運動をする時、スポーツブラを着用して揺れないようバストをサポートしないでいると、早期に垂れる原因となります。今回はスポーツブラ...

登山向けアンダーウェアを含む登山の服装の基礎知識についてはこちらの記事にまとめています。

登山の服装の基礎知識【初心者向け】
最近の登山ブームでこれから登山を始めるという初心者の方も非常に多くなってきました。登山のための服装の情報はいろいろあるものの、最初はどうした...
この記事のタイトルとURLをコピーする

登山初心者から上級者まで、すべての人におすすめの好日山荘Webショップ

好日山荘のWebショップは登山靴トレッキングパンツトレッキングポールなど、登山の服装登山用品の種類がかなり充実しています。しかも、ショップスタッフの商品レビュー付きなので安心して購入することができます。

ポイントは3%溜まって、7,560円以上は送料無料です。そしてなんと靴のサイズ交換は無料シーズンに応じてセールもやっているので、ぜひ定期的にチェックしてみてください。

Sponsored Link