スキーの服装リスト【選び方とポイントまとめ】

スキーの服装について上から下まで必要なアイテムとそれぞれの簡単な選び方のポイントをまとめました。服装の準備で必要なものが一つでも抜けているものがあるとかなり不快な思いをすることもあるので忘れずに準備しましょう。

Sponsored Link

スキーの服装はまずインナーが重要

これは個人的な意見ですが、スキーの服装において極論スキーウェアは上級者出ない限り性能面においてあまり大きな差はありません。特に初心者のうちはウェアにお金をかけるべきではありませんし、その分インナーに少しでも予算を回したほうがかなり快適になります。

周りから見えないのであまりお金をかけたくない気持ちもわかりますが、直接素肌に触れる部分になるので、なるべく吸湿速乾性が高いものや抗菌防臭機能があるインナーや靴下を選ぶと多少汗をかいても快適さをキープすることができます。

ヘルメット

スキーの時はニット帽だけではなく、できればヘルメットがあると安全です。特に初心者や子供はうまくコントロールができずに人にぶつかったり立木や鉄柱に激突するリスクがあるので必須アイテムだと思ってください。

ヘルメットは安全対策だけでなく、快適性が上がるアイテムでもあります。雪が降っているコンディションの場合はニット帽だと帽子に積もりやすい一方、ヘルメットは全く雪が積もらないので払う必要がなく、ゴーグルを上げたときに帽子の上に積もった雪がゴーグル内側に入り込んで曇ってしまうことも防ぎます。

ゴーグルの曇りは地味にストレスになるので、曇りがいつも気になる人はヘルメットを着用するとかなりストレスが軽減されると思います。

スキーヘルメットについてはこちらの記事を参考にしてください。

スキーヘルメットの選び方・人気メーカーとおすすめモデルまとめ
スキーを安全に楽しむためのアイテムがヘルメットです。今回はスキーにヘルメットは必要かどうか、ヘルメットの選び方、代表的なメーカー、おすすめの...

帽子(ニット帽・ビーニー)

帽子は必ず着用するようにしましょう。防寒対策はもちろんですが、一番の目的は頭の保護です。つまり寒くなくても帽子は着用するようにしてください。頭は皮膚が薄い割りに体の中で最も重要な部位になります。なるべく厚手の素材のほうが頭を打った時にクッションになり、切り傷も防げます。

おしゃれやファッション的な観点は「お好みで選んでください」になりますが、個別に特徴を挙げると、ツバ付きニット帽はファッションの個性は出しやすいですが若干ゴーグルの上げ下げしずらいデメリットがあります。

耳当て付きのタイプはけっこう暖かくて寒い日のスキーにおすすめです。逆にあまりにも浅くて耳がかくれないようなビーニーは滑っていて耳が寒くて痛くなるのでスキーには向いていません。

蛍光ピンクなどの派手な色のニット帽はスキー場で見つけられやすいので迷子になりやすい人はいいかもしれません。ニット帽は種類が豊富で値段も安いのでいろいろ購入してその日の気分で使うのが一番だと思います。

ゴーグル・サングラス

ゴーグル・サングラスの目的は視野の確保と目の保護です。スキーで滑っているかなりスピードが出るのでゴーグルかサングラスをかけていないと特にコンタクトをしている人は目が乾燥して開けていられません。吹雪でなくても多少雪が降ると目を開けていられないので必須です。

それぞれのデメリットは、ゴーグルだと曇りやすい点、サングラスだと吹雪などで横からどんどん入ってくる点とバランスを崩したりすると外れてしまうリスクがある点です。

ゴーグルの曇りに関しては汗をかくとかなり曇りやすいので気候に応じて適切な体温を保てるインナーを着用しましょうということと、上にも記載しましたがニット帽だと曇りやすいのでヘルメットを着用するとかなり改善されます。

サングラスは吹雪の時はどうしようもないので春スキーや晴天時などの限定で使用する形がよいと思います。晴天時はゴーグル、サングラスもないと雪の照り返しが眩しくて目が明けてられないのと、日焼けリスクがかなり高いので晴天時もゴーグルかサングラスを着用するとストレスが軽減されます。

フェイスマスク・バンダナ

フェイスマスク・バンダナは必須ではありませんがあると防寒とストレス軽減になります。吹雪いている時はフェイスマスクがないとけっこうつらい状況になると思うので、素肌を全く外気に晒さないぐらいの気持ちが必要です。

いろんなタイプのフェイスマスクがありますが、おすすめは長めの紐がついていてゴーグルに引っ掛けて使えるタイプのバンダナです。ベルクロで止めるタイプでもいいですが、スキーで滑っていると徐々にずり落ちてくることが多いと思います。

↑このタイプはずり落ちやすいです。

↑こちらのタイプのほうがおすすめ。

フェイスマスクを鼻の上でゴーグルの下に挟み込む場合は保温力が上がる半面、鼻から吐き出した暖かい湿った吐息がゴーグルに入って曇りやすくなるので、滑っている時か汗をかいておらず息も上がっていないような曇りにくい時だけにしておいたほうがいいでしょう。

体温が上がっている時はゴーグルとフェイスマスクの間に少し隙間を開けておくと曇りにくくなります。

ネックウォーマー・(ネックゲーター)

ネックウォーマー・(ネックゲーター)とフェイスマスクを両方着用することは物理的に難しいので着用するとしたらどちらかになると思いますが、ネックウォーマー・(ネックゲーター)のほうが基本的に首回りの保温力は高くなります。

ただ、フェイスマスク以上にずり落ちやすいので鼻の上まで素肌を隠したい場合はあまりおすすめではなりません。何度も位置を直すことになるので顔を全体的に隠したい人はフェイスマスクがおすすめです。

ネックウォーマー・(ネックゲーター)はランニングや他のアウトドアにも使いまわしができるメリットがあるので、コストパフォーマンスは良いアイテムになります。

スキーウェア上下

スキーの服装で最初に選ぶことになるのがスキーウェア上下だと思いますが、選び方のポイントは「同じウェアを着ていると必ず飽きる割りになかなか買い替えるのももったいない、流行りのデザインは毎年ありますが必ずすぐに変わるし意外と何年かでぐるぐる回っているだけだったりする、そして自分の服装の好みも徐々に変わっていく」という前提を踏まえて、無難で長く使えそうなデザインのウェアを選ぶことがお財布には一番優しい選択になります。それだと面白くないという人はもちろん好きなウェアを選ぶべきです。

服装の色に関しては白中心だとゲレンデと同化して一緒に滑っている人から視認しずらいデメリットがあるので多少目立つ色が入っているほうがおすすめです。黒や茶系も地味ですが意外と雪の中だとしっかり視認できます。

機能面に関しては正直値段が安くてもベンチレーターや複数のポケットなどの最低限の機能はついていますが、転んだ時の雪が入ってくるダメージを軽減するためにパンツにパウダーガードだけは付いているウエアがおすすめです。海外のブランドはパンツにパウダーガードが付いていないものが多い傾向です。

インナー(上半身)

スキーの服装で意外と重要なのが上半身のウェアのインナーに何を着るかです。滑っていると意外と体温が上がって暑くなるので着こみすぎには注意です。特にスキー初心者の方は慣れない動きで変なところに力が入って余計に汗をかきます。

汗をかくほど暑いとゴーグルがすぐに曇ってしまうので、できるだけ汗をかかない程度で少し寒いかな?と思うぐらいがちょうどいいと思います。

(個人的な意見ですが)目安として、0℃~-10℃ぐらいであればヒートテック半袖Tシャツインナー+長袖Tシャツぐらいでよいです。ヒートテックは汗を大量にかく状況には弱いので汗冷えの原因になります。ヒートテックを着ていて暑くなった場合は積極的にウェアのジッパーを開けて体温を下げるように心がけてください。

インナーにプロテクターを着用する人もいるかもしれませんが、プロテクターは意外と暖かいです。0℃~-10℃ぐらいであれば長袖Tシャツ+プロテクターで全く問題ありません。

スキーのインナーについて詳細はこちらの記事を参考にしてください。

スキーのインナーウェアの選び方とおすすめのインナー6選
スキーのインナーを正しく選ぶことは、快適にスキーを楽しむためにはアウターウェアを選ぶこと以上に重要なポイントだと言えます。今回は目的別にスキ...

グローブ

スノボの人は座ったり立ち上がったり手をつく機会が多いのでグローブはかなり消耗品ですが、スキーの場合は基本座る必要がないのでそれほど消耗はしません。ストックを持つぐらいなので基本は見た目重視か保温力重視でよいのではないでしょうか。ただ、人差し指から小指までがくっついた形のグローブは使いずらいこともあるので個人的にはあまりおすすめしません。

当たり前ですが防水加工されていないグローブは使えないのでコンビニに売っている1000円ぐらいの手袋は避けましょう。

タイツ

タイツは保温はもちろんですが、コンプレッション効果があるタイツを履くと疲労軽減効果もあるので多少値段は高くてもコンプレッションタイツがおすすめです。

また、スキー初心者はタイツではなくプロテクターのほうがおすすめです。保温と怪我の予防の一石二鳥で値段が安いプロテクターでもまずまず使えます。

靴下

靴下についてはスキー上級者になればなるほど薄手で足裏の感覚を重視しますが、スキー初心者の人はまずクッション性と保温重視の厚手を選びましょう。終日ブーツを履く状態なので抗菌や防臭機能がついている靴下のほうがよいです。

スキー用の靴下についてはこちらの記事を参考にしてください。

スキーの靴下の選び方とおすすめソックスまとめ
スキーやスノーボードの靴下は足と地面をつなぐ、スキーの服装の中でも重要なアイテムです。今回はスキー用の靴下の選び方とメンズ、レディース、幼児...

スキーウェア以外の服装は通販が安くておすすめ

スキーウェアは直接見て決めたほうがいいと思いますがインナーや靴下などはスキーショップでもあまり種類が豊富でないので欲しい商品がないことも多々あります。そしてamazonのほうが圧倒的に安いので通販がおすすめです。

amazonでスキーの服装を見てみる

この記事のタイトルとURLをコピーする

登山初心者から上級者まで、すべての人におすすめの好日山荘Webショップ

好日山荘のWebショップは登山靴トレッキングパンツトレッキングポールなど、登山の服装登山用品の種類がかなり充実しています。しかも、ショップスタッフの商品レビュー付きなので安心して購入することができます。

ポイントは3%溜まって、7,560円以上は送料無料です。そしてなんと靴のサイズ交換は無料シーズンに応じてセールもやっているので、ぜひ定期的にチェックしてみてください。

Sponsored Link