スキーの靴下の選び方とおすすめソックスまとめ

photo by Cuyahoga jco

スキーやスノーボードの靴下は足と地面をつなぐ、スキーの服装の中でも重要なアイテムです。今回はスキー用の靴下の選び方とメンズ、レディース、幼児・ジュニア向けのおすすめのソックスについてまとめました。

Sponsored Link

スキーの靴下を選ぶポイント

生地の保温性・吸湿速乾性

スキー用の靴下の生地はウールや化学繊維のものがよいでしょう。吸湿速乾性を重視する場合は化学繊維の混合比が多いもの、保温性や靴下のはき心地を重視する場合はウールが多めのソックスを選ぶとよいです。ウールの中でも繊維が細いメリノウールは肌触りが良く人気があります。

綿(コットン)の靴下は肌触りが良く吸汗性も高いためはき心地は良いですが、速乾性が低く使っているうちに湿ってくるのでスキーやスノーボードなどのスポーツで汗を大量にかく場合の使用には適していません。

靴下の長さ

スキーやスノーボードの靴下を選ぶときはなるべく長めのソックスを選ぶと、足の裏でかいた汗を吸い上げて靴下の生地全体で外に発散させる効果が高くなります。吸湿速乾性を高めたい場合はロングソックスがおすすめです。

生地の厚さ

スキーなどのウインタースポーツ向けの靴下の生地の厚さは薄手、厚手、薄手と厚手の中間の大きく3種類に分類されます。厚みがあるほうがクッション性が高く快適で、硬いブーツの中で長時間使用していても足が痛くなりにくいため、初心者やクッション効果で膝や腰へのダメージを減らしたい人におすすめです。ソックスによっては、ブーツに当たって痛くなりやすいかかとやつま先だけ等、部分的に厚手にしているタイプもあります。

逆に薄くなるほど足裏の感覚が鋭くなり、ブーツの中で足が動かないことで、俊敏な動きができるようになります。薄手の靴下は上級者のスキーヤーに好まれます。

サポート効果

靴下の部分ごとに素材や編み込みパターンを変化させることで、まるでサポーターのような役割を果たしてくれる機能を持つことができます。土踏まずの部分がアーチサポートになっていると足が疲れにくくなります。また、擦れやすい部分の保護や足首をしっかりホールドしてくれる機能など、様々なサポート機能をもつ靴下が存在します。

コンプレッション効果

ロングソックスの中にはコンプレッションタイツのように、ふくらはぎを着圧して筋肉のぶれを少なくし、足の疲労を減らす効果をもつ靴下もあります。長時間滑るときはコンプレッション機能付きの靴下を使用すると脚の疲労を抑えることができます。

コンプレッション効果の詳細についてはこちらの記事を参考にしてください。

ランニングタイツの効果・選び方とおすすめタイツ比較(メンズ・レディース)11選
夏が過ぎるとランニングやマラソンのシーズンが本格的に始まります。マラソン大会シーズンに向けてそろそろランニングウェアを揃えて行きたいところ。...

5本指

5本指の靴下の最大のメリットは足の指の間の汗を吸いこんでくれるので快適に過ごせることです。ランニング等では靴擦れやマメの予防のために人気があります。また、指先に力を入れやすいメリットもありますが、この点は好き嫌いの問題でスキー板のコントロールには大きな影響はないと思います。

5本指の靴下のメリットでもあり場合によってはデメリットにもなる点は、生地の分だけ指先が横に広がること。幅が狭いブーツを履いている場合は5本指の靴下を履くとキツキツになる場合もあるのでブーツとの相性に注意してください。

スキー向けのおすすめ靴下

エックスソックス(X-SOCKS) スキー カービング ウルトラライト

速乾対策に足裏の汗を上へ上へと押し上げるエアーコンディショニングチャンネル(1枚生地の汗の通り道)を搭載し、ふくらはぎの上でずり落ちないアクティブバンドや、脛の衝撃軽減クッション、ブーツの締め付けを軽減するサイドプロテクター、摩擦が多いアキレス腱部分のプロテクター、Xクロスバンテージによる足首部分のテーピング効果、人間工学に基づいた左右非対称のデザインなど、スキーやスノーボードのための機能がフルセットになった靴下です。少し薄手の足裏感覚重視モデルになります。

メンズ・レディース

上記のスキーカービングウルトラライトモデルが少し薄手なのに対し、こちらのスキーアルペンは厚手になるため初心者の人におすすめです。

メンズ・レディース

エナジャイザーライトはコンプレッション効果を高めたモデルになります。高い着圧を求める人はこちらがおすすめです。

メンズ・レディース

(シースリーフィット)C3fit ウインターライトコンフォートハイソックス

C3fitの靴下はアーチサポートによる3種類のテーピング効果に定評があります。ウインターライトコンフォートハイソックスはc3fitのスキー用靴下の中でも最もクッション性が高い厚手のモデルで初心者の人におすすめです。

メンズ・レディース

上級者向けの薄手モデルがこちらの光電子ウインターハイソックスです。遠赤外線保温素材の光電子を使用し、薄くても暖かさが持続します。

メンズ・レディース

ノーブランドのスキー・スノーボード向け靴下

機能性よりも値段の安さを重視したい場合はノーブランドの靴下がおすすめです。素材はウールか化学繊維、通常の靴下よりも少し厚手のクッション性があるものを選びましょう。

メンズ・レディース

レディース

メンズ

メンズ

幼児・ジュニア向けスキー用靴下

幼児・ジュニア向けのスキー用の靴下をまとめました。

登山初心者から上級者まで、すべての人におすすめの好日山荘Webショップ

好日山荘のWebショップは登山用品の種類がかなり充実しています。しかも、ショップスタッフの商品レビュー付きなので安心して購入することができます。

ポイントは3%溜まって、7,560円以上は送料無料です。そしてなんと靴のサイズ交換は無料シーズンに応じてセールもやっているので、ぜひ定期的にチェックしてみてください。

Sponsored Link