ナルゲンボトル(水筒)のモデル・サイズ一覧とそれぞれの便利な使い方まとめ

photo by Kyle LeBoeuf

登山やスポーツ全般、日常使いにも何でも使えるナルゲンボトル。今回はナルゲンボトル各モデル・サイズを一覧化しました。コーヒー豆のケースやパスタの保管、湯たんぽなど様々な使い方も紹介します。

Sponsored Link

ナルゲンボトルとは

ナルゲン(Nalgene)は1949年にアメリカで実験用のポリエチレン容器を開発したところから始まったブランドです。当初は研究用として製造されていたものが、いつしかキャンプで水筒やお菓子入れなど様々な用途で使用され始めたことをきっかけに、本格的なアウトドア用の多目的ボトルとしてナルゲンボトルの開発が始まったそうです。

ナルゲンボトルの特徴は、通常のプラスチックボトルと比べて非常に耐久性が高く繰り返し使えること、密閉性の信頼度が高く液漏れリスクが限りなく低いこと、耐熱耐冷温度の幅が広く、熱湯を入れるところから冷凍庫での冷凍にも耐えること、内容物に臭いや味が移りにくいことが挙げられます。

現在のナルゲンボトルは、代表的なTRITAN(トライタン)を始め、ワンタッチで開閉できるOTFボトルやフラスコなど、登山やキャンプだけでなく様々な場面で使うことができるラインナップが揃っています。

ナルゲンボトルの使い方・活用方法

登山・トレッキングでの使い方

ナルゲンボトルを湯たんぽとして使う

登山やトレッキングでは軽量で飲んだ後も水を汲んで再利用できるペットボトルを持っていく人は多いと思います。ペットボトルをナルゲンボトルに代用すると、以下のような使い方ができます。

・広口で水場で水を汲みやすく粉末のスポーツドリンクが使いやすい。目盛りが付いているのも地味に便利。
・耐久性が高く密閉製が高いのででザックの中で漏れる心配がない。繰り返し使えて環境に優しい。
・お湯を沸かして熱湯を入れると冬は湯たんぽとして使える。

湯たんぽとして使う場合は熱湯で火傷する可能性もあるのでカバーをつけると熱さが緩和できます。

キャンプでの使い方

ナルゲンボトルを調味料入れとして使う

30mlや60mlサイズのナルゲンボトルはキャンプで調味料入れとして使えます。密閉性が高いので、液体の醤油や油から粉末の砂糖や塩、インスタントコーヒーまでどんな調味料でも漏れずに使えます。調味料だけでなく薬入れとしても使えて、キャンプだけでなく旅行にも便利です。

ドロップディスペンサーボトルは1滴1滴出る感じになるので、コンタクトの液などを入れる容器としても使えます。

また、本体の耐冷温度が-20℃で冷凍でも使えるため、キャンプに行く前に水を冷凍庫で凍らせておけば保冷剤としても使えます。冷凍庫に入れる場合はちょっと少なめの量にしてキャップを外しておくように注意してください。

アルコール

密閉性が高く漏れの心配が少ない特徴から、ナルゲンボトルにアルコールストーブ用のアルコールを入れて持ち運ぶ人も多いです。大きさは60mlや125mlが使いやすいと思います。
(※ナルゲンボトルを使ったアルコールの保存や持ち運びには十分注意し、自己責任でお願いします。)

プロテインシェーカー

ナルゲンボトルをプロテインシェーカーとして使う

0.5Lサイズのナルゲンボトルはプロテインシェーカーとしても使えます。むしろナルゲンボトルのほうががっちり密閉されるので、家でプロテインを作ってジムに持っていく場合はナルゲンボトルのほうがバッグの中でこぼれるリスクが少なくて使いやすいです。プロテインの臭いが気になる人はアウトドアとジムでボトルを分けましょう。

パスタ

ナルゲンボトルをパスタ容器として使う

広口で内容物が取り出しやすい、密閉度が高い、落としても割れない、という特徴を生かしてパスタの保管用ケースとしても使えます。1.5Lサイズだと長さが約29cm。長さによっては入らないものもありますが、通常の長さのパスタであれば入るサイズです。

代表的なナルゲンボトルTRITAN(トライタン)

ナルゲンボトルと言えばこの形です。広口で飲みやすいのにキャップを閉めると水がこぼれない、耐久性が高く何度も使えてアウトドアやスポーツのどんな場面でもマッチするのがTRITAN(トライタン)です。本体とキャップをつなぐストラップが持ち手になって持ち運びしやすくキャップの紛失も防ぎます。洗浄しやすいのでいつまでも清潔に使うことができます。

カラーバリエーションが豊富で限定色や柄もあるのでボトルを選ぶ楽しみも。広口が水汲みに便利で落としても凹まないので、登山やトレッキングでガンガン使えます。

広口1L

夏場の登山など水分が多く必要な場合は1Lがおすすめ。直接飲む用としても料理やコーヒー用の水の運搬用としても使えます。

広口0.5L

0.5Lモデルは登山だけでなく日常使いにもちょうどいいサイズです。プロテインシェーカーとしても使いたい人はこのサイズがおすすめ。

広口380ml

コンパクトな380mlタイプのナルゲンボトルは子供用の水筒として、柿ピーやグラノーラなど行動食を入れる容器として、湯たんぽとして、などなどこちらも様々な使い方ができます。

広口1.5L

大型の1.5Lは夏場の登山やキャンプで活躍します。長さがあるのでパスタ保存用の容器としても使えます。

細口1L

直接口をつけて飲む時の飲みやすさ、注ぎやすさを追求した形が細口のナルゲンボトルです。飲みやすく注ぎやすい分、洗浄しずらくなっている点がデメリットにはなります。

細口0.5L

細口タイプで直接飲む場合は持ちやすく飲みやすい0.5Lが人気です。0.5Lの表記で実際は0.6L以上入ります。

片手で使えるナルゲンOTFボトル

OTFボトルは両手が使えない自転車の走行中やジムでのフィットネス中など、スポーツ全般の運動中を想定して、片手ワンタッチで簡単に開けることができるナルゲンボトルです。ワンタッチで開けることができますが、ロックもあるので水漏れの心配はありません。

ナルゲンOTFボトルの使い方はこちらの動画を参考にしてください。

OTF650ml

スポーツ全般ににおすすめの大きさです。OTFボトルはスリムで持ちやすさも考慮されています。

OTF380ml

子供用の水筒におすすめの大きさです。子供は広口だとこぼしやすいのでOTFが便利です。

その他のナルゲンボトル

フラスコ

ウイスキーなどお酒を持っていく場合にフラスコは中身が見えて軽量の実用的なスキットルとして人気があります。容量は約340ml、重さは124gです。

オアシス

オアシスは軍用水筒のような形が人気のモデルです。実際片手でも持ちやすく、横に倒れても転がらないメリットがあります。サイズは1Lです。

フォールディングカンティーン

フォールディングカンティーンは広口のメリットとソフトボトルのメリットを合体させたモデルです。ソフトボトルは洗浄と乾燥が難しいのが難点ですが、広口のナルゲンならその心配もありません。キャップの大きさはトライタンと同じです。

1L

1.5L

3L

コーヒービーンズキャニスター

登山やキャンプのコーヒー豆持ち運びといえばこれ。密閉性が高いのでコーヒー豆の酸化を防ぎ、コーヒーの臭いが漏れないのでザックに入れていても臭い移りがありません。何より軽量なので携行に便利です。

キャップ

広口のナルゲンボトルを飲みやスクしてくれる便利なキャップがこちら。落とし蓋のように内側にスポっとはまるのでキャップの内側にきれいに収まります。

1L用

0.5L用

登山の水筒について詳しく知りたい人はこちらの記事も参考にしてください。

登山の水筒の種類とタイプ別おすすめの人気モデルまとめ
登山の必須用品とも言えるのが水筒です。登山やトレッキングで脱水症状になると非常に危険なため、適度な水分摂取は欠かせません。喉が渇いたときに飲...

ナルゲンボトルは好日山荘webショップでも購入可能です。かなり豊富な種類が取り揃えられているので一度チェックしてみてください。

ナルゲンボトルを好日山荘webショップで見てみる

登山初心者から上級者まで、すべての人におすすめの好日山荘Webショップ

好日山荘のWebショップは登山用品の種類がかなり充実しています。しかも、ショップスタッフの商品レビュー付きなので安心して購入することができます。

ポイントは3%溜まって、7,560円以上は送料無料です。そしてなんと靴のサイズ交換は無料シーズンに応じてセールもやっているので、ぜひ定期的にチェックしてみてください。

Sponsored Link