登山・トレッキングのグローブ(手袋)の選び方と人気のおすすめ5選

怪我の防止や日焼け止めから防寒対策など、夏山か厳冬期の冬山まで登山の様々なシーンで活躍するのがグローブ(手袋)です。今回は、登山用のグローブ(手袋)について、目的別の選び方と夏用、冬山用のそれぞれでおすすめの人気グローブを紹介します。

Sponsored Link

登山でグローブを着用する目的

登山でグローブを着用する主な目的は「怪我の防止」と「防寒対策」の2点です。グローブを着用しない場合にどのようなリスクがあるか説明します。

怪我の防止

登山の行動中に皮膚が薄い頭部を守るために帽子を被るのと同様に、手や手首も人間の体の中が皮膚が薄い部位になります。また、登山の行動中は手をつく場面も多いため手に擦り傷や切り傷を作りやすく、小さい骨と関節が集中しているためとても怪我をしやすく繊細な部位といえます。さらに、手は登山道具を扱う重要な部位であるため、怪我をすることは行動に大きな支障をきたす可能性を意味します。

薄手の生地の手袋や軍手であったとしても素手と比べると安心感がありますので、登山にはからなず何らかのグローブを持っていくことをおすすめします

防寒対策

体の末端は血流が行き届きにくく冷えやすい箇所となり、冷えは末端から徐々に体の中心に伝わってきます。また、指先がかじかむと登山用品のあらゆる扱いが困難になり、危険な状況に陥る場合もあります。厳冬期の雪山などでは凍傷のリスクもあるため、寒さのレベルに応じて十分な防寒対策が必要です

場合によってはグローブを外したほうがよいことも

行動中は基本的にグローブの着用をおすすめしますが、例えば岩場や鎖場でロープや鎖、岩を掴んで登攀する場合はグローブを着用すると手の感覚が鈍くなり、滑落の危険度が高まる場合があります。グローブを着用するとリスクが高まる状況もあることを頭に入れておきましょう。

登山のグローブの選び方

登山グローブを選ぶ時は必ずジャストサイズのグローブを選びましょう。グローブをはめたままで登山用品を扱うことは難しいため、できるだけ指先の感覚が損なわれないグローブを選ぶと使い勝手がよいです。

また、山中の気象条件やルートに応じて、目的とする山で必要な怪我の防止と保温性能のレベルを見極めて適切な素材や機能をもつグローブを選択するとストレスなく行動することができます

グローブの予備に軍手を持って行こう

グローブは何かと汚れや傷がつきやすく、付けたり外したりする際に紛失しやすいアイテムです。ひどい泥汚れや一時的にずぶ濡れになるような状況で予備に持参した軍手を使うと、メインの登山グローブがダメージを受けずにすみます。万が一、登山グローブを紛失してしまった場合も代用がききます。

登山のグローブ機能や種類

登山用のグローブには目的に応じて生地の厚みや素材の種類にバリエーションがあります。ここでは目的別のグローブの機能について説明します。

怪我防止のための保護

手の甲や指の部分にクッション素材が入った手袋や指を曲げ伸ばしする部分が補強された手袋など、部分的に保護力が高められたグローブは怪我のリスクが高い場所での着用におすすめです。また、耐久性が高くなっているので、長く使えるメリットもあります。

グリップ力の向上

行動中に手でストックなど登山用品を扱う機会が多い場合は手のひらに滑り止めが配置されたようなグリップ力が高いグローブがおすすめです。登山用ググローブの予備として軍手を持っていく場合も滑り止め付きの軍手がおすすめです。

スマホ操作が可能なモデル

行動中もスマホアプリで登山ルートをチェックしたりGPSで自分の位置を確認したりする機会が増えていると思いますが、最近の登山用グローブはタッチパネルに対応したモデルが増えてきています。スマホを使う方におすすめです。

防水機能

雨に濡れると体感温度が下がり、指の感覚も失われていきます。天候に不安がある場合はゴアテックス製の防水性能が高いレイングローブの着用をおすすめします。

防寒機能

年間を通して使いやすいのが、ウールや化繊の薄手のグローブです。両者を比較すると、より暖かいのはウールのグローブ、化繊のグローブは速乾性に優れています。フリース製のグローブは厚みの割に軽くて暖かく、手頃な値段で入手することができます。

また、冬山用のグローブは防水性が高いアウターグローブの中に保温性が高いライナー(手袋の内側の生地)の二重構造になっており、1枚のグローブと比べて格段に保温力が高いのが特徴です。その分着膨れして操作性は落ちるので、細かい作業をする場合はアウターグローブを外してライナーだけ着用すればよく、蒸れた手袋内部の空気を逃すこともできます。

防風機能

高地や冬の雪山などの低温だけが手先を冷やす原因ではありません。風が強いと体感温度が下がり体温を奪っていきます。防風を目的としたグローブは防寒用のグローブのように保温性があるわけではなく、ウインドブレーカーのように薄手で風を通さないような素材が使用されています。

防暑機能

夏場でのグローブの着用は、怪我の防止だけでなく、日焼け予防の目的も兼ねています。メッシュ生地になっていたり、速乾性が高い化繊モデルがおすすめです。日焼け防止のためにUVカットになっているグローブを選びましょう。

人気のおすすめグローブ5選

イスカ(ISUKA) ウェザーテック トレッキンググローブ

春夏秋と幅広く活躍するモデルがイスカのウェザーテックトレッキンググローブです。手のひらには滑り止めがついていてトレッキングポールをしっかりグリップし、トレッキングポールのストラップの負荷を支える親指と人差し指の内側には補強素材が貼られています。また、通気性を高めるため指の間はメッシュ素材が使用されています。さらに、稼働範囲が広い指の付け根にはストレッチ素材が使用されており、フィット感や怪我の防止
、快適性を高いレベルで達成している人気のグローブです。初めて登山用の手袋を購入するという人におすすめです。

(モンベル)mont-bell ウインタートレッキンググローブ

秋から冬、春先の肌寒い時期など、厳冬期の雪山以外の防寒対策として安心して使えるのがモンベルのウインタートレッキンググローブです。中綿入りで軽くて暖かいのが特徴です。ゴツすぎないため日常使いにも使えて幅広い用途の割に値段もリーズナブルなため、1つ持っておくと大変便利です。

(モンベル)mont-bell ウールニット グローブタッチ

ウールで暖かいのにスマホも手袋をはめたまま操作できるのがモンベルのウールニットグローブです。スマホ対応だけでなく、実は手のひらに滑り止めもついていて、とても実用的です。見た目もおしゃれでスマホ対応なので日常使いにもおすすめです。

(ミズノ)MIZUNO ゴアテックス ブレスサーモグラブ

ミズノのゴアテックスブレスサーモグラブは、冬山で活躍するミズノのブレスサーモシリーズの最上位モデルです。外側はゴアテックスで防水し、内側の肌に触れる部分は汗の吸着熱を利用して発熱するブレスサーモ繊維が使用されているためとても暖かいです。それでいてタッチパネルにも対応しているので、グローブをはめたままスマホの操作が可能です。

praise (プレイズ) トレッキンググローブ

とにかく価格重視であればこちらのグローブをおすすめします。スマホ対応、通気性、滑り止め加工が施してあり、ストレッチ素材でフィット感もあるので、春〜秋にかけての軽いトレッキングにおすすめです。

上記以外にも、登山用の手袋・グローブは好日山荘webショップに豊富にあります。sale価格商品もあるので是非一度チェックしてみてください。

グローブ・手袋を好日山荘webショップで見てみる

登山初心者から上級者まで、すべての人におすすめの好日山荘Webショップ

好日山荘のWebショップは登山用品の種類がかなり充実しています。しかも、ショップスタッフの商品レビュー付きなので安心して購入することができます。

ポイントは3%溜まって、7,560円以上は送料無料です。そしてなんと靴のサイズ交換は無料シーズンに応じてセールもやっているので、ぜひ定期的にチェックしてみてください。

Sponsored Link