【バラクラバ】目的別(スノーボード・雪山登山・サバゲー)おすすめモデル一覧

photo by Chris Penny

防寒対策に有効なウェアがバラクラバです。今回はスノーボードやスキーや雪山登山におすすめのモンベルやノースフェイス、パタゴニア、ファイントラック等の高機能タイプから、迷彩、スカル柄のタイプなど通気性が高く呼吸がしやすいサバゲーに適した夏用タイプを紹介します。

Sponsored Link

バラクラバとは

バラクラバとは目出し帽とも言われ、主にスキー・スノーボードなどのウインタースポーツや冬季の雪山登山などで着用される防寒具です。通常は頭からすっぽり被って目の部分だけを出して使いますが、口の下まで開けて使ったり、帽子やネックウォーマーとしても使うことができます。

元々戦時中の防寒着として着用されたことが始まりだそうです。ウクライナのバラクラヴァ(Balaklava)の地名にちなんでつけられました。

F1やバイクレースで着用されている理由

レースでのバラクラバ着用目的とは
photo by:Tony Castley

F1レーサーなどもヘルメットの下にバラクラバを着用していますが、レーシングスーツ同様に火災が発生した時に火傷を最小限に食い止めるための防火目的であって、防寒目的ではありません。生地も燃えにくい素材が使われています。また、事故が起こった時にヘルメットを脱がしやすくするメリットもあります。レースでは全て有事の時を鑑みてバラクラバが着用されています。

通常バイクの運転でバラクラバを使いたい人は普通に防寒目的で購入したほうがよいと思うので保温性が高いタイプがおすすめです。

スノーボードやスキーや雪山登山向けのおすすめバラクラバ

スノーボード向けのバラクラバ
photo by:taki Lau

スノーボードやスキー、雪山登山でバラクラバを選ぶポイントはもちろん保温性が一番重要ですが、セットでゴーグルやサングラスを着用する時に曇らないかどうかもポイントになります。ただ、曇らないかどうかの結論は何をやっても「曇る時は曇る」と言えると思います。

鼻や口から吐き出した温かい空気が鼻の上のバラクラバの隙間から出てそのままゴーグルに入るとどうしても曇りやすくなるので、できればゴーグルの下部はバラクラバの上に乗っからない形で着用したほうが曇りにくいですが、そうすると鼻の付け根が露出して冷えるデメリットがあります。

また、バラクラバの効果で頭部全体の保温力が上がると汗をかきやすくなるので水蒸気でも曇りやすくなります。なるべく口元まで広げて熱気を逃がすことができるタイプだと温度調節できて曇りにくくはなります。頭部だけでなくウェアのベンチレーターを活用してうまく温度調節することが重要です。

基本的には保温性が高い厚手がおすすめですが、ヘルメットがジャストサイズの場合は被れないことがあります。もしヘルメットを今後購入する予定があればニット帽やバラクラバを下に着用しても被れる大きさを選ぶようにしてください。

薄手のタイプは保温性は低くなりますが、曇りにくく呼吸しやすいメリットがあります。特にスキーやスノーボードでは滑っている時に生地が鼻や口に張り付くと呼吸が苦しくなることがよくあるので注意してください。

登山やスノーボード、スキーヘルメットはこちらの記事で詳細まとめています。

登山のヘルメットの選び方と人気のおすすめヘルメット6選
2014年の御嶽山噴火により、登山のヘルメットの重要性が改めて再認識されています。今回は登山のヘルメットについて着用の必要性や選び方を解説し...
スキーヘルメットの選び方・人気メーカーとおすすめモデルまとめ
スキーを安全に楽しむためのアイテムがヘルメットです。今回はスキーにヘルメットは必要かどうか、ヘルメットの選び方、代表的なメーカー、おすすめの...

強風・極寒の気象条件での雪山登山では必須アイテム

雪山登山ではバラクラバが必須
photo by:martin_vmorris

頭部は脂肪が薄く手足同様に冷えやすい場所です。強風や氷点下20度を下回るような場合は冷えの防止に加えて凍傷の対策が必要となります。このような気象条件では顔の面積のほとんどを覆うバラクラバが非常に効果的です。

(モンベル)mont-bell ジオラインL.W.バラクラバ

モンベルのバラクラバの中でも薄手で吸湿速乾性が高いジオラインが使われたモデルです。防寒性と通気性のバランスが良いタイプなので汗をかくことが想定される気候に適しています。

(モンベル)mont-bell スーパーメリノウール バラクラバ

冬用で防寒性が高いバラクラバでまずおすすめがモンベルのスーパーメリノウール。メリノウールが80%とポリエステル等が20%で暖かく長時間使用しても臭くなりずらいのが特徴です。ソフトな肌触りのメリノウールなのでチクチクしないのもストレスなく使えるポイントです。

鼻の部分にワイヤーが入っていてフィット感を高めることができます。口元は同社の速乾素材のジオラインが使われているため、吐息で湿りやすい部分も対策バッチリです。目出し帽パターン、口の下まで開いて使うパータン、頭部を出して使うパータン、ネックウォーマーパターンと様々な使い方ができます。

モンベル(mont-bell) ストレッチクリマプラス200 バラクラバ

モンベルのフリースにも使用されている保温素材のクリマプラスのバラクラバで、メリノウールよりも防寒性が上がっています。

(モンベル)mont-bell ネオプレン フェイスバラクラバ

ストレッチクリマプラス200バラクラバをベースに、口元から鼻までを覆う部分の生地を吸水量が少ないネオブレンを使用することによって吐息による水蒸気で口元が凍結することを防ぎます。また、鼻や口の部分に空気孔が空いているので凍結防止と呼吸が快適になるメリットがあります。

(パタゴニア)patagonia キャプリーン・サーマルウェイト・バラクラバ

パタゴニアのキャプリーン・サーマルウェイトは表地がジャージ素材の質感でヘルメットをかぶる時にスムーズで、裏地は起毛で保温性が高く肌触りが良いバラクラバです。薄手なので呼吸も楽にできて保温性も抜群の人気商品です。

(ノースフェイス) THE NORTH FACE ミッドウェイトバラクラバ

ノースフェイスのミッドウェイとバラクラバは独自のポーラテックパワーグリッドと呼ばれるフリース素材が使われていて保温性と通気性のバランスが良いモデルです。

ファイントラック(finetrack) アクティブスキンバラクラバ

ファイントラックのアクティブスキンバラクラバは吸湿速乾ながら水をとにかく弾いて保水しないため、凍結防止効果がウリの薄手タイプです。メリノスピンバラクラバと2層のレイヤリングにすることで非常に保温力が高く吸湿速乾性も高く、温度調整や呼吸もしやすい、理想的な状況を作ることができます。スキーやスノーボードでは少しオーバースペックですが厳冬期の雪山登山に非常にマッチしているバラクラバのセットです。

MAMMUT(マムート)バラクラバアークティックウインドストッパー

マムートのアークティックウインドストッパーはゴアテックスのウインドストッパーメンブレンが使用され、高い防風性と透湿性と耐水雪性能を持ちます。強風が吹く稜線などで威力を発揮してくれるでしょう。

サバゲーや夏用としておすすめバラクラバ

サバゲーでおすすめのバラクラバ
photo by:1st-Sword

サバゲーで顔面を守る場合、主に①フルフェイスタイプのゴーグルか、②ゴーグル+バラクラバorハーフマスクの2パターンになると思います。フィールドによってはフルフェイスタイプのゴーグルを装着しないと参加できない場所もあるので注意してください。

バラクラバを使用すると、当然曇りやすくなります。ハーフマスクよりも皮膚を守る面積が広いので横から打たれても少し安心感があります。ただ、素材が柔らかいのでプラスチックのマスクに比べると当然痛いのでその点は注意してください。冬用とは異なり、保温性が高いと暑くなりすぎるので薄手で通気性が高く、走っても呼吸しやすいタイプを選んでください。

フルフェイスのおすすめは東京マルイのファンがついたゴーグルです。扇風機で湿気と暖気を外に逃してくれるので曇らず快適に遊べます。

値段は安いが通気性や呼吸の楽さで評価が高いバラクラバ

サバゲーでは通気性と1000円前後で購入できて使い勝手もよい

雰囲気が出る迷彩のバラクラバ

同じく1000円前後で購入できる迷彩柄のバラクラバです。迷彩パターンがいろいろ選べます。

インパクト大のスカルバラクラバ

インパクト大でかっこいいバラクラバを探している人にぴったりのスカル柄。

この記事のタイトルとURLをコピーする

登山初心者から上級者まで、すべての人におすすめの好日山荘Webショップ

好日山荘のWebショップは登山用品の種類がかなり充実しています。しかも、ショップスタッフの商品レビュー付きなので安心して購入することができます。

ポイントは3%溜まって、7,560円以上は送料無料です。そしてなんと靴のサイズ交換は無料シーズンに応じてセールもやっているので、ぜひ定期的にチェックしてみてください。

Sponsored Link